Technology R&D Support

建築・住宅関連技術の研究開発促進を支援

安全、安心で質の高い生活、
より良い環境の実現を目指して。

生活に密着した社会的役割を担う、建築・住宅関連技術の研究開発。当社は産官学と連携し、研究開発活動の振興への貢献を目指します。そのために、産官学が参集した共同研究開発プラットフォーム「建築研究開発コンソーシアム」(会長:緑川光正)との連携・協力関係を構築。加えて学識者・実務者が参集・連携する「科学技術エキスパート会議(STEM)」の運営により、研究開発基盤を確立しています。
この基盤をもとに、建築・住宅関連技術のハード面、ソフト面でのイノベーションを推進する研究開発、その成果の普及促進へ向けた取り組みなど、公益性の高い活動を展開しています。

研究開発基盤の維持・発展

建築研究開発コンソーシアムとの
連携・協力

運営面での支援のほか、研究開発資源の相互利活用など、効果的かつ効率的に研究開発を推進し、その成果普及を目指します。

建築研究開発コンソーシアム(CBRD)

「建築・住宅技術」をキーワードに、共同研究開発や各種技術交流を目的に異業種企業が参集している団体です。
Webサイト: https://www.conso.jp

「科学技術エキスパート会議(STEM)」
の運営

多様な分野の学識者、実務者が参集・連携する「科学技術エキスパート会議(STEM)」の活動を通じて、建築・住宅関連技術の研究開発促進と支援を目指します。

STEMの活動

  • STEM発、技術テーマ創出とコンソーシアム等へのテーマ提案(研究開発促進)
  • STEM技術相談等サービスの提供(研究開発支援)
STEMバナー

詳しくはSTEMのサイトをご覧ください

研究開発活動

建築物の安全性向上の技術開発、スマートハウス・スマートシティ関連等、建築・住宅分野における社会的ニーズに適応した研究開発活動に取り組んでいます。建築・住宅分野の発展に寄与するため、これまでの取り組みにおける研究報告書の全文及び活動の記録を以下のとおり公開します。

建築・住宅分野における「高度利用者向け緊急地震速報」の利活用事例及び新たな利活用に関する研究報告書

2011年度 ※1

緊急地震速報等を活用した建築物の安全性向上の技術開発研究に関する報告書

2012年度 ※1

「スマートハウス スマートシティ フォーラム」開催記録

2013年度(主催:株式会社日本建築住宅センター/建築研究開発コンソーシアム)

「スマートな建物のこれから -空間知能化最前線-」開催記録

2015年度(主催:NPO国際建設技術情報研究所、協賛:株式会社日本建築住宅センター他)

※1 建築研究開発コンソーシアムへの委託業務として実施