Time is Life
  • ごあいさつ
  • 事業のご案内
  • 活動レポート
  • 会社情報
  • インフォメーション
Home>活動レポート
  • BHCJ Menu
  • 活動レポート

活動レポート

消費者のより良い住まいづくりを支援する「住まいづくりサポート」を中心に、
当社のさまざまな活動について最新の情報をご紹介します。

2015年

募集チラシ会場風景
「スマートな建物のこれから  -空間知能化最前線-」開催のご報告
2015年12月19(土)

科学技術エキスパート会議“STEM”から創出された研究テーマ「空間知能化」の最前線の情報を交換する国際シンポジウムが、NPO国際建設技術情報研究所の主催、当社や建築研究開発コンソーシアム等の協賛、科学技術エキスパート会議“STEM”の企画協力により開催されました。

トーマス ボック氏 (ミュンヘン工科大学 教授)による「Ubiquitous Life Support System」と題した基調講演の後、「生命化建築」や「空間知能化と建築生産」をテーマに5名の方の講演がありました。企業の技術を担当する方、大学で空間知能化を学ぶ学生など100名もの方にご参加いただき、大変盛況でした。

フォーラム記録(PDF)※別ウインドウで開きます

 

2013年

募集チラシ会場風景
「スマートハウス スマートシティ フォーラム」
開催のご報告
2013年6月10(月)
科学技術エキスパート会議“STEM”の企画のもと、建築研究開発コンソーシアムとの共催により、建設関連産業のビジネスチャンスを探るきっかけとして「スマートハウス スマートシティ フォーラム」を開催いたしました。
柏木孝夫氏 (東京工業大学特命教授、東京都市大学教授)の「エネルギーから考える次世代に向けたスマートシティ」をテーマとした基調講演の後、「スマートハウス、スマートシティの未来展望とビジネスチャンスを探る」をテーマに、コーディネーター:STEM幹事の藤盛紀明氏、コメンテーター:柏木孝夫氏、パネリスト:ハウスメーカー、ゼネコン、工務店、電機メーカー、都市再生機構の5名によるパネルディスカッションを行いました。200名もの方にご参加いただき、大変盛況でした。
フォーラム記録(PDF)※別ウインドウで開きます
 
報告書表紙
『緊急地震速報等を活用した建築物の安全性向上の技術開発研究』に関する報告書の完成
2013年4月
「緊急地震速報等を活用した建築物の安全性向上の技術開発研究」を建築研究開発コンソーシアムへ業務委託し、検討結果を研究報告書として取りまとめました。本業務は平成23年度に行った緊急地震速報関連の調査業務の続編に当たる。

[報告書PDF] ※別ウインドウで開きます
緊急地震速報等を活用した建築物の安全性向上の技術開発研究に関する報告書

報告書表紙(写真)

2012年

報告書表紙
『「高度利用者向け緊急地震速報」の利活用事例及び新たな利活用に関する検討』研究報告書の完成
2012年4月
「建築・住宅分野における「高度利用者向け緊急地震速報」の利活用事例及び新たな利活用に関する検討」を建築研究開発コンソーシアムへ業務委託し、検討結果を研究報告書として取りまとめました。

[報告書PDF] ※別ウインドウで開きます
建築・住宅分野における「高度利用者向け緊急地震速報」の利活用事例及び新たな利活用に関する研究報告書

報告書表紙(写真)

2011年

住まいづくりナビセンター施設内観
一般財団法人住まいづくりナビセンターへの業務移行のお知らせ
2011年1月6(木)
住生活事業部における住まいづくり支援業務を新たに設立された「一般財団法人住まいづくりナビセンター」に移し、公益的性格をより明確にしながら更なる業務の活性化を図ることと致しました。
一般財団法人住まいづくりナビセンター(写真)
http://sumanavi.info

2010年

科学技術エキスパート会議(STEM)サイトイメージ
科学技術エキスパート会議(STEM)専用サイト開設のお知らせ
建築・住宅関連技術の研究開発促進と支援を図るプラットホーム、「科学技術エキスパート会議(STEM)」の設置及び活動開始に合わせ、STEM専用サイトを開設しました。
STEMは多様な分野のエキスパート(学識者、実務者)が参集・連携し、技術シーズの創出、技術開発ニーズ情報の収集、技術相談サービスの提供など、積極的に活動を展開していきます。
サイトイメージ(写真)
詳しくはSTEM専用サイトをご覧ください。
http://stem.bhcj.co.jp
晴海トリトンイルミネーションイメージ晴海トリトンイルミネーションイメージ 晴海トリトンのスケートリンクでの様子
晴海トリトンスクエア クリスマスのお知らせ
今年の晴海トリトンスクエアのクリスマスイルミネーションのテーマは「シャイニー ブルー クリスマス」。幻想的なオーシャンブルーの大海原と躍動するイルカが幻想的な海中世界を彷彿とさせます。LED照明を使用し消費電力を大幅に削減しています。
期間:11月24日(水)〜12月25日(土)
点灯時間:17:00〜23:00
場所:1F 水のテラス
また、期間中には「中央区第九の会」による毎年恒例のコンサートも開催されます。
会場:晴海トリトンスクエア2F グランドロビー特設
日時:オープンリハーサル/12月10日(金)19:00〜20:30・本公演/12月12日(日)17:00〜18:00
入場料:無料
さらに、12月23日(木・祝)〜25日(土)の3日間には、「氷を使わないスケートリンク」も登場。製氷のために大量の水と電力を使わずに地球に優しくお子様にも安心なスケートリンクです。
晴海トリトンスクエア クリスマスイルミネーション(写真:上)
晴海トリトンスクエア クリスマスイルミネーション(写真:中)
氷を使わないスケートリンク示(写真:下)
晴海トリトンスクエアホームページ
http://www.harumi-triton.jp/events/index.html
「住まいづくりナビセンター」では、お正月飾りのワークショップなども開催します。
住まいづくりナビセンターホームページ
http://sumanavi.info
関谷 巖氏のご挨拶の様子 オープニングレセプションの様子 写真展の展示風景 写真展の展示風景
関谷 巖 訪緬10年記念 ミャンマー写真展 遙々(ようよう)終了
11月5日(金)から11月19日(金)の約2週間、住まいづくりナビセンターに隣接するイベントスペースにて、関谷 巖氏による写真展を開催しました。
関谷氏はミャンマーに10年間で14回訪問し、“人々の暮らし”“自然風景”“遺跡・建物”“仏像”等を撮り続けてこられ、数多くの作品の中から50数点を展示しました。
5日のオープニングレセプションでは、駐日ミャンマー大使閣下、傳通院 御住職等、各界のお歴々にご出席頂き、また開催期間中は650名を超える多くの方にご来場頂き、大変賑わいのある写真展となりました。
写真上から
ご挨拶される関谷氏
オープニングレセプションの風景
展示風景
展示風景 ミャンマー写真展バナーイメージ
セミナー風景見学会風景
住生活月間連携イベント 「住まいのことフェア2010」終了
「住まいづくりナビセンター」では住生活月間連携イベントとして、10月に「住まいのことフェア」(10月9日〜10月31日)を開催致しました。新築・リフォームに関する内容の「住まいのことセミナー」、ナビゲーターと一緒に住まいづくりの現場を見に行く「住まいの見学会」、リフォーム会社15社による「リフォーム相談会」と、盛り沢山の内容でした。これから家を建てようかと考え始めた方から、すぐにでもリフォームしたいという方まで、幅広いご要望に対応することができました。
セミナー風景(写真:上)
見学会風景(写真:下)
イベントの詳細・報告はコチラ。
http://sumanavi.info/event/
http://sumanavi.info/navireport/
シンポジウム風景まちあるき風景 まちあるき風景
「全国路地サミット2010 in NIIGATA」終了
2010年10月23日(土)・24日(日)
当社が協賛した「全国路地サミット2010 in NIIGATA」が2010年10月23日(土)、24日(日)に開催されました。路地の魅力を "まちあるき" で体験し、全国で魅力的なまちづくりのために活動している団体が一堂に会し活動を報告しあう「全国路地サミット」。今年は新潟市で開催され、新潟市の小路や湊巡り、西大畑屋敷巡りなどの“まちあるき”が体験でき、また“まち”を活性化するための様々な活動が紹介されました。
シンポジウム(写真:上)
まちあるき風景(写真:中)
まちあるき風景(写真:下)
路地サミットの詳細は下記をご覧ください。
http://www.city.niigata.jp
ミャンマー写真展イメージ
イベント開催のお知らせ ミャンマー写真展「遙々」(ようよう)開催
当社顧問弁護士であり写真家の関谷巌氏が10年に渡りミャンマーを訪れ撮影した写真の中から選りすぐった約50点を“人々の暮らし”“自然風景”“遺跡・建物”“仏像”をテーマに展示し、ミャンマーの暮らしや原風景をご紹介します。
◎会期:平成22年11月5日(金)〜19日(金)
    11:00〜17:00(土日は〜18:00)
◎会 場:住まいづくりナビセンター
◎入 場:無料
会議風景
「第4回 日中建築・住宅技術交流会議」参加
本会議は、財団法人日本建築センター、財団法人ベターリビング、中国建築設計研究院、中国建築科学研究院の四機関により、日中双方の建築・住宅技術に関する知識・経験・情報の交流を図るために隔年で実施されています。本年は、第4回会議が9月13日、14日両日にわたり、北京で開催されました。
日中建築住宅産業協議会は、この会議への参加要請をいただき、日本側発表4テーマのうち1テーマを担当いたしました。当協議会の運営委員長を務める当社、代表取締役社長の社本が、「民間ベースの日中協力」をテーマに、現在の活動と会員企業の中国展開を紹介いたしました。今後も日中建築住宅産業協議会は、中国の建築・住宅需要に対応する規格・標準化等の新ルール制定に関し、日本企業の中国における活動を積極的にお手伝いしていく意志を表明いたしました。

*日中建築住宅産業協議会;1985年に設立された建築と住宅及びそれに関連する産業分野の企業が集結した団体であり、日中間の技術交流や事業推進に関する取組みを行っている。

会議風景(写真)
住まいのことフェア
住生活月間連携イベント
「住まいのことフェア2010」開催
2010年10月9日(土)〜31日(日)
毎年10月は「住生活月間」。国民の豊かな住生活の実現のため「住まいづくりナビセンター」は連携イベントとして本年も【住まいのことフェア 2010】を開催いたします。2010年は、安心納得の住まいづくりをテーマに、新築・リフォームなどこれから住まいづくりを始める方に役立つ「住まいのことセミナー」、住まいのナビゲーターが同行する「住宅展示場見学会」、公正中立な立場で住まいのナビゲーターがアドバイスし複数のリフォーム会社に匿名で相談できる「リフォーム相談会」、親子で楽しむ「折り紙建築」など盛り沢山です。
イベント専用サイト
http://sumakoto.net
ニュースリリース ※PDF(別ウインドウで開きます)
ダミー1ダミー2
「リフォームのことフェア」終了!
住まいづくりのサポート施設「住まいづくりナビセンター」として初めてのリフォームイベント「リフォームのことフェア」(7月17日〜8月29日)が無事終了致しました。
本フェアでは皆様が安心して納得しながらリフォームを進められるよう、公正中立な立場の「住まいのナビゲーター」による相談と、リフォーム会社との具体的な相談の2種類をご用意したのと合わせて、リフォームに関する23のセミナーを開催し、多くのお客様にご利用頂きました。

相談会・展示風景
セミナー風景
実施レポートは下記をご覧ください。
http://sumanavi.info/navireport/
img
日本建築学会2010年度大会(北陸)
学術講演会において講演発表
2010年9月9日(木)
「つなぐ−継承と創生−」をメインテーマとし、9月9日〜11日の日程で標題学会2010年度大会が開催されました。
当社研究開発事業では、平成20年度より「鉄骨造建築物の基準整備に資する検討」の調査研究に取り組んできましたが、その成果を5編の論文にまとめ、関係者とともに連続講演発表しました。発表後は、会場から今後の調査研究の参考となる積極的な質疑討論が行われました。

連続講演(5編)課題一覧
鉄骨造建築物の構造基準の整備に資する調査研究
その1 中層ラーメン構造に関する調査研究の概要
その2 中規模鉄骨造建築物の設計事例による実態調査
その3 45度方向地震入力に対する露出柱脚を有する骨組
     の弾塑 性応答
その4 45度方向地震入力に対する露出柱脚の実験的検証
その5 露出型柱脚を有する中低層鉄骨造建築物の45度方
     向地震入力に対する立体応答解析

講演風景
住まい防災展 住まい防災展
晴海トリトンスクエア第5回「環境展」開催
2010年7月29(木)・30日(金)
地球温暖化問題が深刻な事態を迎える中、晴海トリトンスクエアでは省エネ意識の啓蒙を図ることを目的とし、毎年「環境展」が開催され当社も参加しております。
「環境展」では、地域熱給湯プラントなどの施設見学の他、グランドロビーでトリトンスクエア関係企業による環境への取り組みなどをご紹介します。

当社は、「エコリフォーム」をテーマに、住宅エコポイントを使った窓のリフォームのご紹介、住まいのリフォームコンクール展の入賞作品展示の他、住まいづくりナビセンターにて開催中の“リフォームのことフェア”をご紹介します。
リフォームのことフェア
「リフォームのことフェア」開催
2010年7月17日(土)〜8月29日(日)
※8/11〜15、水曜日休み
住まいづくりのサポート施設「住まいづくりナビセンター」では、この夏、リフォームをお考えの方を対象にした「リフォームのことフェア」を開催いたします。
「リフォームを考えてはいるけれど、何からはじめてよいか判らない」、「いきなりリフォーム店に行くのは不安で、選び方もわからない」、「エコポイント、減税、最新設備などわからないことがいっぱい」そんな方のために、「リフォームのことフェア」をご用意いたしました。
本フェアでは、皆さまが安心して納得しながらリフォームが進められるよう、公正中立な立場の「住まいのナビゲーター」による相談と、リフォーム会社との具体的な相談の二種類をご用意します。「住宅エコポイント」、「太陽光発電」、「水廻りのリフォーム」などリフォームに関連する20のセミナーの開催や、最新の設備・建材の実物展示など多彩なプログラムを展開いたします。
フェアの詳細は下記をご覧ください。
http://sumanavi.info/event/

実施レポートは下記をご覧ください。
http://sumanavi.info/navireport/
リフォームのことフェア
研究開発部活動レポート
研究開発部では生活に密着した社会的役割を担う、建築・住宅関連技術の研究開発促進を支援しています。2010年5月の活動をご報告します。

低炭素化社会実現へ向けた住宅・建築分野における
「技術ロードマップ」関連調査研究

【背景】
低炭素社会の実現を目指し、我が国でも温室効果ガス削減の高い目標が掲げられたなかで、住宅・建築分野における対策も始まっています。住宅・建築分野では多様なステークホルダーが関係するため、個々に低炭素化へ取り組むのではなく、長期的視点に立った目標設定と、全ての関係者による計画的取り組みが求められるところです。
【当社との関連】
当社は2008年より、将来に向けた建築・住宅・都市分野の画期的イノベーションの発案と、その創出に必要な研究開発ロードマップ策定の必要性を唱え、関係機関と調整を行ってきました。 この結果、2009年秋より、低炭素社会実現をターゲットに「持続可能な地球環境を支える住宅・建築に向けた技術ロードマップ作成」へ向けた検討がスタートしています。
当社としてこの作成事業への支援とともに、関連調査を建築研究開発コンソーシアム(CBRD)と連携し、実施しています。5月21日には、CBRDの主催により、村上会長による成果報告会が開催され、104名の方が参加されました。
住まい防災展 住まい防災展
第4回晴海トリトンスクエア「防災展」開催
2010年1月18日(月)・19日(火)
安全で安心な街−“晴海トリトンスクエア”を街区内外に発信するとともに防災意識の向上を目的とし、「防災展」が今年も開催されました。当社「研究開発事業」及び「住まいづくりナビセンター」は、「建築・住宅分野の地震に対する防災・減災への貢献」及び「安心・安全な住まいづくり」をテーマに、(株)ANETの協力を得て、「緊急地震速報」を活用した機器の動作デモやパネル展示のほか、「住まいづくりナビセンター」の紹介を行いました。
▲Page Top
Copyright (c) The Building & Housing Center of Japan, Inc. All Rights Reserved.